東海道五十三次“濱松・冬枯ノ図”のほうき再現プロジェクト

第九話 トラブル発生?

[ ブログ ]  2015/07/31

歌川広重が東海道五十三次を描いたのは1833年、江戸時代の天保4年と言われています。わずか30数年後には明治維新を迎えることになるわけですが、江戸時代の、しかもここ浜松のほうきを再現する・・聞いただけでもなかなか面白そうです。

前回、JA青年部の皆様と種蒔きを行い、それぞれの種から無事に芽が出てきて一安心・・と思ったのもつかの間。次から次へと問題が発生します。やはり自然が相手ではなかなかうまく事が運びません。
 

「どうしたの?」
「はい。先ほどJA様から電話があって、ホウキモロコシと都賀の畑は順調だということですが、タカキビの畑に問題が発生したそうです。」
Y 「もんだい・・?」
「タカキビの生育が思ったよりも遅くて、このまま放置してしまうと、雑草に負けてしまいそうだということらしいんです。」
「解決策としては雑草を抜くしかないそうです。そこで、雑草を抜くために協力してほしいということなんですが・・。」


雑草に必要な栄養分を取られ、タカキビの成長が著しく低下しているようです。6月11日、雑草を取るために現地に向かいました。

雑草に必要な栄養分を取られ、タカキビの成長が著しく低下しているようです。
雑草に必要な栄養分を取られ、タカキビの成長が著しく低下しているようです。

「確かにこれはひどいね。雑草にほうき草が埋もれている。」
「ほうき草は日光に当てることが大切だと聞いていますが、これだと・・」
JA 「早め早めに対応しないと、その時期に合った成長が見込めません。」


早速、雑草の除去・・の前に、恒例ですがいつもの集合写真。

早速、雑草の除去・・の前に、恒例ですがいつもの集合写真
後は地道に雑草取り・・

後は地道に雑草取り
後は地道に雑草取り・・
後は地道に雑草取り・・
後は地道に雑草取り

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
JA 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


だんだん口数が減ってきます。
地味な作業ですが、これが意外に大変です。まだまだ先が見えません。

地味な作業ですが、これが意外に大変です。まだまだ先が見えません。
丸々1日かけてやっとこの状態になりました。

丸々1日かけてやっとこの状態になりました

JA 「この状態であれば、ほうき草の成長が見込めると思いますので、大丈夫だと思います。」
「ホッ・・・・」





 

「相当大変だったらしいね。」
K 「そうなんです。皆な腰が痛いって言っていました。」
「除草剤を蒔ければいいんだろうけど、ほうき草にも影響が生じる可能性が高いから・・。」
K 「昔の人はこれと同じ作業をずっとやっていたんですよね。こんなに大変な作業・・・よくやれますね。」
「うん。ただこれでなんとか切り抜けることができたし、何より、何より。」


・・・・・・・・・・・ところが。
6月19日、今度はホウキモロコシと都賀の畑にも異変が・・・
 

「どうしたの?血相変えて」
K 「ホウキモロコシと都賀の畑にも問題が生じたそうです。」
「え?・・・・・・だって順調に育っていたって・・」
K 「そうなんです。でもそれがアダとなったみたいなんです。」
K 「高くなったほうき草が今回の強風で倒れてしまったみたいです。」


台風ではありませんが、この時期では珍しい強風と雨が続き、ほうき草が倒れてしまったようです。
早速現地に行ってみることに。

台風ではありませんが、この時期では珍しい強風と雨が続き、ほうき草が倒れてしまったようです。
台風ではありませんが、この時期では珍しい強風と雨が続き、ほうき草が倒れてしまったようです。

「これはひどい。」
JA 「正直、こんなに風に弱いとは思っていませんでした。背丈が高くなった分、モロに食らった感じです。」
「これらはどうなるのでしょうか?」
JA 「倒れたところから腐ってきて病気になる可能性があります。そのまま放置してしまうと、最悪の場合、全滅する可能性があります。」
「ぜ、全滅ですか?」
JA 「はい。ただこれは放置した場合です。なので、倒れたほうき草を残念ながら引っこ抜く必要があります。」
「でもそれだと収穫量ががくんと落ちますね。」
JA 「多分、半減します。でも全滅よりはましかと・・」
「半減ですか。」
JA 「とりあえず、今日(金曜日)は様子見として、週明けには引っこ抜く作業に取り掛かりますが、宜しいですか?」
「・・・仕方ありません。」
JA 「だた、それにしても風に弱いですね・・。今回の強風を超える、例えば台風などが直撃したことを想定しておかないと、今後は厳しいかもしれません。よその地域では風対策など、どうしているのでしょうか?」  
「2本の竹でほうき草の両側を押さえる、ということは聞いたことがありますが・・」
JA 「なかなかの重労働ですね。今からそれをやるとなると・・・」


その3日後、倒れたほうき草が無事に元に戻ったという連絡が入り、これまた一安心。横に倒れはしましたが、幸いなことに茎が折れていなかったので元に戻ったようです。ほうき草の場合、茎が一旦折れてしまうと回復はしません。まさに九死に一生を得た感じです。

その後は順調に成長を遂げ、6月29日にはこんな感じになりました。

その後は順調に成長を遂げ、6月29日にはこんな感じになりました
その後は順調に成長を遂げ、6月29日にはこんな感じになりました
7月10日。ついに穂が出ました。

ついに穂が出ました
穂が開き切り、色が鮮やかになった頃が収穫時期です。穂もまだまだ伸びると思われます。

そして、7月21日、収穫の時期を見極めるべく、再度畑に。
 

「だいぶ穂が開いていますね。」
JA 「収穫の時期はそろそろかと思われます。」
JA 「ただ、穂が開いているものと開いていないものがありますので、もう1週間後くらいが適正かもしれません。」
「というと?」
  「7月28日を収穫日としたいと思います。」
「・・・・・・・・・・・おし!」


5月14日に種を蒔き、様々な困難を乗り越え、遂にほうき草の収穫の時を迎えます。東海道五十三次、中間地点の浜松が目前というところでしょうか?少しずつ先が見えてきたようです。