東海道五十三次“濱松・冬枯ノ図”のほうき再現プロジェクト

葉脈ほうき

[ 参考資料 ]  2015/08/28

 

庭や芝生、コンクリート面を掃くのに使われている箒です。落ち葉などの掃き掃除に便利な葉脈箒

 

庭や芝生、コンクリート面を掃くのに使われているほうきです。落ち葉などの掃き掃除に便利です。ヤシの木の葉脈部分を取り出し、束ねてほうきにします。

 

ヤシの木の主な産地はインドネシアで、大切に育てられています。葉脈は枯れた状態のものはもろいため、枯れる前の葉脈を取り出し、ほうきに採用しています。

 

葉脈ほうきは、昭和51年(1976年)にアズマ工業から初めて日本で発売されました。

竹ほうきと比べ、かさばらず、丈夫なのが最大の特長。また、葉脈一本一本が細かくコシがあるので、細かいゴミも掃き出せます。

 

構造上、竹ほうきよりも割高になりますが、竹ほうきのハイグレード商品としての位置づけで、現在も販売されています。